神戸・灘催眠心療センター

【住所】
兵庫県神戸市灘区灘北通9-2-19
大きな地図はこちら>>
【TEL】 078-861-0011
お問い合わせはコチラ>>

和歌山催眠心療センター

【住所】
和歌山市下三毛165-4
大きな地図はこちら>>
【TEL】 073-477-5124
お問い合わせはコチラ>>

電話催眠って何?

「電話催眠療法」とは、家庭電話や携帯電話を使った催眠療法のことで、電話を使うことにより日本全国ましてや外国からでも電話さえあれば催眠療法を行うことができます。

詳しくはコチラ>>>

こんなお悩みの方・・・

  • やる気がおこらない・・・
  • 気分が落ち込み軽鬱っぽい・・・
  • イライラやあせりを常に感じている
  • 人前で極端にあがってしまう
  • 酒やたばこ、薬に依存してる
  • 全身の倦怠感や疲れやすさ
  • パニックに陥ったりしてしまう
  • 過食症や拒食症

まずは一度ご相談ください

モバイルサイトはこちら

HOME > 神戸・灘催眠心療センターブログ > ヒプノセラピスト日記 > 日々の生活をよりよく過ごすために私がしていることpart2 ~「ありがとう」という言葉~

神戸・灘催眠心療センターブログ

< 一人前になるためには。  |  一覧へ戻る  |  すさまじく簡単な催眠療法の説明。 >

日々の生活をよりよく過ごすために私がしていることpart2 ~「ありがとう」という言葉~

私は日頃から「ありがとう」と意識的に口に出すようにしています。

そうすることによって良いスパイラルが生まれます。

○「ありがとう」という言葉を口に出します。
       ↓
○自分の中に周りに対して感謝の気持ちが湧きます。
       ↓
○自分の心が和やかになります。
       ↓
○周りの人に対して優しくなります。
       ↓
○周りの人から感謝されます。
       ↓
○感謝の気持ちを持つことで周りの人の心が和みます。
       ↓
○周りの人が自分に対して優しくなります。
       ↓
○で、また「ありがとう」という言葉がでてくる。


言葉に出すということは、暗示です。

だから、前にも言ったように悪い言葉、負の言葉は口に出していけないのです。

それが、負のスパイラルを生み出すので。







催眠療法・遠隔催眠のことなら神戸・灘催眠心療センターへ

カテゴリ:

タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日々の生活をよりよく過ごすために私がしていることpart2 ~「ありがとう」という言葉~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.saiminjutsu.net/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/60

コメントする

< 一人前になるためには。  |  一覧へ戻る  |  すさまじく簡単な催眠療法の説明。 >

同じカテゴリの記事

ありがとうございます。

神戸灘催眠心療センターの豊田です。

一昨日お土産二つ頂きました。

別々の人なのですが、一人目の方は今は宮古島に住まれ、実家が関西ということなので

里帰りついでに院長に会いに来て下さりました。

そして、宮古島の泡盛をいただきました。ありがとうございます。


20101016173335.jpg






もう一つは、おしゃれな洋菓子をいただきました。

その方には以前にも頂きました。またまたありがとうございます。


20101016173246.jpg
.


また最近ブログ、サボり気味ですが
催眠療法のことでは書くことはたくさんあるので更新していくようにします。






おひさしぶりです。

最近何かと忙しかった催眠心療センターの豊田です。

なかなかブログ更新できず、すみません。

今日はあるクライアントさんからお土産頂きました。

とてもおいしかったです。ありがとうございます。

20100919120946.jpgのサムネール画像のサムネール画像


またちょくちょくブログ更新していくのでよろしくお願いします。


ありがとうございます。

やっと梅雨があけましたね。催眠心療センターの豊田です。

この間、来院されていたクライアントさんに沖縄の泡盛頂きました。


20100719142011.jpgのサムネール画像

わざわざ体験談書いていただいた上に、

このようなものまでいただき本当にありがとうございます。


それと体験談のUP遅れてすみません。今月中にはなるべく載せれるよう頑張ります。

心の風邪!?

最近雨続きで嫌気がさしている催眠心療センターの豊田です。

よくテレビのCMとかで「うつは心の風邪」といってるのを見たことがあります。

で、注目すべきは「風邪」というところです。

「風邪」と言われれば誰しもが年に1回かかるかかからないかのよくある病気で

かかっても風邪薬のんで三日も安静にして寝てれば、まぁ治ります。

みんな「風邪」に対してはそんな感じのイメージだと思います。

なので「うつ病は心の風邪」といわれると、誤解が生じ、

簡単にかかりまた簡単に治るというイメージを持ってしまうでしょう。

実際は、本当に重度のうつ病になってる人はそう簡単に治りません。

10年15年とずっとうつ病という人は、ざらにいます。

しかし、僕は今までに10年間、風邪ひいてるという人は見たことも聞いたこともないです。

いくら催眠療法といえど、魔法ではないので、そのような人にちゃちゃっと催眠かけて

数回で改善させるのはほぼ不可能です。(でも、ごくたまに改善する人もいますが)

なので、「うつは心の風邪」などというような簡単なものではないということです。





残念。

こんにちは。催眠心療センターの豊田です。

昨日のワールドカップ日本戦残念でした。

あと一歩のところでベスト8だったのに。

最後のPK戦あの場面で蹴る人のプレッシャーはすさまじいものだと思います。

今までのサッカー人生で経験したことのないプレッシャーを感じてたんだろうなぁ。

圧倒的に蹴る方が有利のPKで外してしまう。

日本国民の期待を背負うプレッシャーとはどんなもんだろうか・・・

全く想像がつかない。






このページのトップへ